2007佐賀総体を盛り上げるべく、おもむろに集まったナゾの集団「総体裏調査団」略して「うらっちょ」。 彼らの使命は競技のルールや見どころをたっぷり伝えること。 ていうか、あんたたち総体のなんなのさ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みことちゃん 「今日は5人目のインタビュー!
    N村さんに民泊をやってみた感想を聞いてみまーす!! 
    どんなご家族が泊まられたの?」

N村さん 「うちには、お母さんと6歳のお孫さんの二人で1泊されたよ。」


みことちゃん 「ふーん、何の競技の応援で?」

N村さん 「水泳の応援だよ。
    総合グランドまで送って、約2時間、一緒にスタンドで観戦したんだけど、やっぱり自分の息子がリレーに出場したときは、身を乗り出して注視されていたなぁ。
    親子の情を感じたよ。」

みことちゃん 「ご家族は、ずっとがんばって練習してきたところ知ってるから、なおさらだよね。

    でも6歳のお孫さんが一緒だったなら、長い時間観戦するのは大変だったんじゃない?」


N村さん 「そうそう。だからリレーを見届けたあとは、今度はお孫さんを福岡の水族館に連れて行きたいと言われて、昼前には佐賀駅へ送ったよ。  

    小さな子ども連れのご家族だったから、わたしの送迎で歩く時間が短くなって、少しは助けになれたんじゃないかと思うよ。」


みことちゃん 「そうだね、バスとかタクシーなどの乗り物は、子どもにはつらい時があるもんね。ご飯は一緒に食べたの?」

N村さん  「うん、初日は夕方7時ころ到着されたんで、その後、龍登園のバイキングセットに連れて行ったよ。どの程度食事を準備したらいいか迷ったし、お風呂もゆっくり利用できるしね。

    もっと時間があれば、吉野ヶ里や三瀬村でも連れて行きたかったんだけど、今回は難しかったね。  

    それに後から気づいたんだけど、水泳場で記念の写真をとってあげて送ってあげればよかったなあと反省してるよ。 」

みことちゃん 「他に思い出に残ってることってある?」

N村さん 「そうだね、ちょっとしたハプニングがあったね。

    今回の旅行は泊まるということをお孫さんの了解なしに来られたようで、佐賀に着く前に説得されたらしい。   

    やっぱりまだ6歳の子どもだからね、夜暗くなりだしたら
    「お母さんのところへ帰る~
    とシクシク泣き出しちゃってね。あれには弱ったよ。 


    まあ事前の了解を取ろうとしてもついて来なかっただろうから、見切り発車されたんだと思うけど、お母さんに携帯で電話して、30分間話しながら、やっと眠りについたよ。」


みことちゃん 「お母さんと離れて眠ることって、あんまりないもんね。」


N村さん  「帰られた日の夜に「無事、新大阪に着きました」と電話をいただき、先日、お世話になりましたとお礼状をいただいたよ。

    実際にお世話したのは家内だったからね。今回はその協力のありがたさを実感したよ。 」

みことちゃん 「N村さんへのインタビューはこれでおしまいでーす。
       
    ありがとうございました!!」  



      
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
1日7秒でできるダイエットの方法を紹介しています。2000人の実績のあるダイエット方法です。 http://www.esthe-jenny.com/
2008/10/29(水) 04:35 | URL | 蓮水カノン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soutaisagacity2007.blog101.fc2.com/tb.php/88-7ddb68c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/11/21(水) 19:03:18 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。