2007佐賀総体を盛り上げるべく、おもむろに集まったナゾの集団「総体裏調査団」略して「うらっちょ」。 彼らの使命は競技のルールや見どころをたっぷり伝えること。 ていうか、あんたたち総体のなんなのさ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 どうも、卓球です。

 8月12日についに卓球観戦してまいりました
 会場に入って、まずたくさんの観客で埋め尽くされているのにびっくりそして卓球って、静かに淡々とするものかと思っていましたが、選手も応援も熱いのにまたびっくり
 声援もすごく息が合っているし、選手も決めた時には派手にガッツポーズ決めたり、サーブやスマッシュの時に声を出したりで目が離せませんでした

 私達が到着したときには男子シングルス一回戦、女子学校対抗の準決勝があっていました。ちょうど男子シングルスで北陵高校(佐賀市)の竹下選手の試合があっていたのでまずはそれを観戦。3-1で勝利しました(残念ながらその後2回戦で敗退されたそうです・・・) 
 佐賀の選手が出ていた時はそこに集中していましたが、何しろ会場内に約15台の卓球台があり、それが全て競技に使われていたので目移りして大変でした。その光景は圧巻でした。
20070817180146.jpg


 シングルス1回戦の後は、ダブルスの4回戦・準々決勝が行われていました。そこで、世界大会にも出ているという青森山田高校の水谷選手や松平選手の試合を拝見。ど素人な私達ですが、やはり上位に近づいている同士の戦いだけあって一段と熱いものが伝わってきましたスマッシュなんて見えないし・・・これは動体視力がかなり良くないといけないですね

 最後まで見届けることは出来ませんでしたが、卓球は見るのも面白いスポーツなんだと思いました。14日で競技は終わってしまいましたが、また機会があれば見に行きたいと思います
 選手の方々、お疲れ様でした

※そういえば・・・会場で、映画「ピンポン」の中村獅童ばりの風貌でプレーしている選手もいました。やっぱり卓球は熱いスポーツです
スポンサーサイト
どうも、卓球です。

学校で、ボーリング場で、温泉で、職場で?…卓球ってスポーツというよりもっと気軽に出来て身近な存在に感じていたのですが、いざブログにしようとしたら、何もネタが無い・・・

で、ちょこっと調べてみました。
卓球って地味(失礼)だと思っていたのですが、実は可愛いウエアがあったり、かっこいいor可愛い選手たちもたくさんいて、興味深い!!(ちょっとずれているような・・・)

で、卓球界に期待の「マツケン」と呼ばれている人がいることが判明
どれどれ、どんな渋いおじさんなんだと思って検索してみたら・・・
なんと、現役高校生ではないですかしかもさわやかな感じ
名前は「松平健太」くん、青森山田高校1年生。
高校生ということは、この夏の青春佐賀総体に来るのかなあ~
ちなみに兄賢二くんも同じ青森山田高校の卓球選手です。
同じく青森山田高校には「天才」と評される若き至宝「水谷隼」くんという選手もいるらしい。

卓球って今までは愛ちゃんや、最近なら石川佳純ちゃんといった女性選手がメディアではよく取り上げられていましたが、男子も見逃せません

これがわかっただけで満足し、次回へ続く・・・
(次回は取材してみようかな・・・)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。