2007佐賀総体を盛り上げるべく、おもむろに集まったナゾの集団「総体裏調査団」略して「うらっちょ」。 彼らの使命は競技のルールや見どころをたっぷり伝えること。 ていうか、あんたたち総体のなんなのさ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総体終わりましたね~
選手の皆さん、応援や運営関係者の方々、お疲れ様でした
森山さんが観戦された陸上競技結果について、印象に残ったことをまとめてくださいました


【男子】
100m:予選落ち選手が一転敗者復活⇒優勝へ(インターハイ親子優勝達成)久留米大附設の2年生選手が4位へ入賞⇒来年の優勝候補へ名乗り
200m:100mとの2冠達成、同一校選手が2位、3位に入賞
400m:準決勝でのアクシデント(後に触れます)を乗り越えての優勝。強風による低記録が残念ですが。。
800m:有力視された選手のほとんどが決勝で激突。
1500m:日本人最有力候補選手が決勝で負傷。出雲工業高校の選手が留学生選手に迫り日本人最上位に。
5000m:日本人選手による積極的な走り。最終的には留学生選手に引き離されたものの気迫の走りで好記録続出。
110mH:優勝候補選手の圧倒的かつ安定的な走りで会場中が魅了。高校歴代3位の好記録。
400mH:優勝候補選手2人を従え安定的な走りを見せた東北勢が自己ベストで優勝。
3000mSC:入賞ならずも県勢健闘。長距離の雄:仙台育英勢。1人は最後の障害で転倒し9位に泣いたものの2人が入賞。
400mR:今大会100mに3人の代表選手を送り込んだ桐蔭学園が順当に2連覇。200mで優勝候補だった選手がリレーの予選で負傷。
1600mR:日本中の名門校が名を連ねた決勝で、おおよその予想を裏切る大番狂わせを演じた浜松市立が快勝。
走り幅跳び:北海道、同じ高校(白樺学園)2年生2人がワン・ツー。
三段跳び:強い向かい風に阻まれつつ各選手健闘。福岡県勢が2人入賞。
走り高跳び:北海道勢大活躍。優勝記録2M15。ハイレベルな戦いが展開。
棒高跳び:今大会最大のハイライトの1つ。中学記録保持者が高校新記録で大会2連覇。
槍投げ:大会直前になって激戦の様相を呈してきた中で長崎県選手が好記録で優勝。昨年チャンピオンを下す。
円盤投げ:高校記録保持者の堤選手が1人だけレベルの違う投擲を見せ大会新記録で圧勝。
8種競技:天候に悩まされ日程変更を余儀なくされた中、優勝候補の広野選手が順当に優勝。

【女子】
100m:大会3冠を目指す寺田選手が11秒71の高記録で圧勝。
200m:香川県勢として30年以上ぶりの優勝。400mで無念の失格に終わった東大阪大敬愛の崎山選手が3位に入賞。
400m:前述のとおり優勝候補の崎山選手がまさかの失格。優勝候補筆頭の馬渕選手が優勝。決勝直前のリラックス振りが目に付く。
800m:留学生ドリカ選手が優勝。昨年までは200mをやっていた前述の馬渕選手が日本人選手最高の第2位。
1500m:留学生ワンジュグ選手が優勝。日本人トップ争いは駅伝名門校同士の対決になり混戦の中須磨学園の森選手が第3位。
3000m:ワンジュグ選手が2冠。日本人トップ候補として大注目の絹川選手(大阪世界選手権1万m代表)が日本人トップの2位。9分4秒の好記録。
100mH:北海道の寺田選手が1年生からの3連覇。13秒40と自己の持つ高校記録に0.01秒という好記録。また寺田選手は100m、400mRと合わせて3冠。いずれも圧勝。佐賀県出身の紫村選手(筑紫女学園)が2年生ながら5位入賞。
走り幅跳び:高校記録保持者の中野選手が意地の優勝。
400mR:ガチガチの優勝候補、恵庭北高校が予選から圧倒的なレースを見せ優勝。
1600mR:エース崎山選手を擁する東大阪大敬愛高校が順当に優勝。アンカー馬渕選手が最下位から怒涛の追い上げを見せた西京高校が2位。
7種競技:ラスト種目の800メートルで2分15秒台の激走を見せた米田選手が逆転優勝。米田選手は1600mRと合わせて2冠。


そして!今後日本を代表する選手になるな(なって欲しいなという希望も含め)、というのは・・・

【男子】
100・200mの小林選手(保善高校)
400m・400mHの渡辺選手(浜松市立高校)、永久選手(清風高校)
400mの濱野選手(豊浦高校)、浦野選手(広島皆実高校)
長距離の八木選手(西脇工業高校)・中山選手(須磨学園高校:父親は日本を代表する長距離ランナーだった中山竹通選手)
110mHの中村選手(洛南高校)
走高跳の藤田選手(札幌国際情報高校)
棒高跳びの笹瀬選手(浜松市立高校)
円盤投げの堤選手(札幌拓北高校)
走り幅跳びの皆川選手・小西選手(ともに白樺学園高校)


【女子】
400m・800mの馬渕選手(西京高校)
長距離の絹川選手(仙台育英高校:すでに大阪世界選手権の代表に選ばれています)
100m・100mHの寺田選手
幅跳びの中野選手


今後の活躍が楽しみですね
世界大会やオリンピックに出る選手が佐賀に来て競技をしたんだ!
って思うと、高校総体の大きさを改めて実感しました
スポンサーサイト
8月2日(木)~6(月)の日程で開催された陸上競技。
あまりにも散々な陸上記事を書くまっつんに、強力助っ人が
以前にインタビューをした、県新人戦大会800M記録保持者の森山さんです
森山さんはなんと!
用事があっていけなかった5日(土)を除いては毎日、競技開始1時間前にはゴール地点最前列に陣取り微動だにせず観戦されてました
そんな森山さんに今回の陸上競技について振り返ってもらいました

今回の大会を観戦していて全体的に感じたのは・・・【競技結果について】
① 下馬評の高かった実力者は概ね順当に入賞(優勝含む)していた

『レベルの高い選手の集まる中、実力どおりのパフォーマンスをすることができてこそ「実力者」なんだなと実感しました。』


②優勝者の予測は難しく、実力が伯仲していたこともあり、結局はその日調子のよかった選手が勝っていた

『短距離種目では、ガチガチの優勝候補が予選で一旦落選・・・でもその後のプラスで拾われて準決勝から本領を発揮して結局優勝というエピソードがありました。』 (※プラス:予選で規定内の順位に入れなかった選手のうち記録のよかった選手が次ステージに進めるシステム)


③本大会中に自己記録を大きく伸ばし入賞にまでこぎつけたニューフェイスも多く見受けられた

 『各種情報誌を読んでいても注目されていなかった選手が、本大会予選から突如好記録を連発、というケースがありました。
男子100mで4位に入賞した宮崎君(なんと久留米大附設)をはじめとして男女400m、走高跳などの跳躍種目によく見られたと思います

④地震による被害の大きかった新潟県勢の活躍が光った

『どの選手もこの大会で人生が変わる可能性もあるわけですから全力で競技をしたと思いますが、それでも新潟県勢の活躍は少し嬉しかったですね


⑤開催地佐賀県選手の入賞がゼロ・・・

『実力からすれば優勝はともかく入賞する可能性はあった選手もいたのに、せめて普段どおりの力を発揮できれば、と大変残念な気持ちになりました
とはいえ選手はそのとき出せる最高の力を振り絞り戦ったわけですから、まずはよく頑張った、と言いたいところです
ただ佐賀県の中学校を卒業した名選手が県外へ流出し今回の大会に入賞しているケースがあり、選手の活躍はただただ素晴らしいの一言につきますが、その名選手を県内で育てることができなかったのか、と残念に思いました


さすが陸上大好きの森山さんの記事は、まっつんとは全然違います。
各競技についての詳細記事もかなり凄いです!
次回「各競技について」に続きます。
陸上のまっつんです。
昨日で陸上競技の日程が終了しました。
まっつんは、時間的に余裕がなく、最終日の1時間半ぐらいしか応援に行けませんでした・・・

陸上に対して全く無知でわずかしか応援に行けなかったまっつんですが、ただただ感動しました
ゴールしたら立てなくなるほど力の尽きるまで、全力で走る高校生の姿を見たら、自然に涙目になっていました
TV番組とかでドラマ的に話を持っていったりするけど、そんなドラマ的な話は必要ないです。
ただひたすらに頑張って走る高校生の姿が素敵でした
暑い中で、日焼け止めも塗らずに観戦してたけど、もっと長く見ていたかったです。
どうにか時間を作って行けなかったのかと、今更ながらに悔やまれます
それ程、本当に良かったんですよ

陸上競技に出場された選手の皆さん、応援の方や競技運営を支えた皆さん、本当にお疲れ様でした
陸上担当のまっつんです。
今日から陸上競技が始まりましたが、さっそく台風の接近により競技日程に変更ががありました。
8月2日(木)実施予定の以下の競技は、明日以降に変更だそうです。(日程調整中)
詳しくは、総体公式HPをご覧ください
男子八種競技400M
女子4×100MR予選
男子4×100MR予選
男子砲丸投げ決勝
女子やり投げ決勝

ニュースであってましたが、陸上の競技中に台風の風により、テントが飛んでしまったようです
幸い、選手にけが人はなかったようですが、選手の動揺を考えると。。。
例え自然の成す事ですが、急な日程変更に加え、事故等があると、選手の精神面が心配ですね

台風どっか行け~
おひさしぶりの陸上担当まっつんです。
いよいよ総体が始まりましたね
暑い日が続く中ですが、選手を初め、応援や運営をされてる皆さん、熱中症には十分注意してください

まっつんの身近な方が、陸上の審判として総体に参加されることになりました。
審判として担当されるお仕事は、「風速測定」
そこで今回は陸上と風について。

走っていて追い風が背中を押してくれたら、いつもより早く走れますよね
逆に向かい風となると前に進めない・・・
でも風が追い風であろうが向かい風であろうが、大会では早くゴールした方が勝ち
まさに勝負は時の運も力になるようです

ではなぜ風速測定が必要なのか
それは、風速2m以上なら追い風参考記録となります
つまり、日本記録や世界記録を出しても、記録として残らないのです。

と言っても、大会となれば、記録より記憶
日本記録等には残らなくても、目指すは入賞

そのため、風に対する対策もするとか。
障害物なんかは、ハードル間の歩幅&歩数が変わってくるから、それでリズムを崩しやすいから練習したり。
走り幅跳びや三段跳びは、走り出すまでに1分間の猶予があるから、自分で風を見きってスタートするそうです。

今回の佐賀総体。会場の『佐賀県総合陸上競技場』はドーム型でもなく、観客席も低いので、風の通りが良すぎます。
しかも陸上競技日程中に台風が上陸する可能性があり・・・
せめて台風が離れて行ってくれる事を祈りましょう
陸上のまっつんです。
3回連続で掲載してた森山さんへのインタビュー記事も今回で最後。
最終回のテーマは「陸上の魅力」


まっつん:陸上のおもしろ裏話があれば教えてください。

森山さん:試合で、僕の後ろにつけていた選手に脚(スパイク)が当たってしまい、後ろを振り返って「ごめんなさい!」と大声で謝ったらそれがスタンドまで聞こえていました。
(後からスタンドに戻ると「あ、さっきの・・」みたいな感じで周囲がざわつきました。。。)

まっつん:(競技中でしょ!?そんな余裕があるのか?とりあえず気にせず走らなきゃなんじゃ・・・。
とっさに謝罪の言葉が出る素直な心の持ち主さんなんですね)


森山さん:レース前の召集場所が分からず、コール(レース前の出欠確認のようなものです)漏れしてしまったのですが、何食わぬ顔でレースに出場し優勝しました。(本来ならばコール漏れは失格です)

まっつん:(既に時効ですね。大雑把な審判さんで良かった
そこで何気に優勝しちゃうってのが、度胸ありますよね。
まっつんだったら、悪い事してそうで、ビクビクしそう

森山さん:高校2年の時の県高校総体では2位だったのですが、そのレースで1位だった選手と3位だった選手(ともに白石高校)が、3年後に箱根駅伝で同じ区間を走り競り合っていました。
「あら、ボクだけここにいないわ」、と思いながら爆笑した記憶があります。

まっつん:(ありゃありゃ
でもそっか将来伸びて箱根やオリンピックに出そうな選手をチェック入れておくのも総体の楽しみかも


まっつん:高校時代の陸上で一番心に残っている事は?

森山さん:高校2年生の佐賀県高校新人戦で思いもよらず大会新記録を出してしまったこと。(このレースは当時彼女ができてから初めてのレースでした。)
今も大会記録は残っているようです。

まっつん:(これぞまさに“愛の力”


まっつん:最後に陸上の楽しさは?

森山さん:何もかも自分の責任で完結するところ。
個々人でレースを戦うため、他校の選手と友達になりやすいところ。
(野球のようなチームプレーだと選手同士が触れ合う機会が少ないですよね)


実は、正直なところまっつんは、「陸上って何が楽しいんだろう?」って思ってました。(森山さんを初め、陸上大好きな皆さん、ごめんなさい。)
でも、森山さんにお話を伺って、どんどん陸上に興味が湧いてきてます
陸上って、自分自身に言い訳をしない責任感と芯の強さが養われる競技なんだと思いました。
森山さん、本当にありがとうございました
佐賀県高校新人戦大会の800M大会記録保持者の森山さんに大きな拍手
陸上のまっつんです
今回のインタビューテーマは「全国大会」


まっつん:全国大会には出場されましたか?

森山さん:出場経験はあります。しかし本当に「ただ参加しただけ」という状態です。
93年の東四国国体なのですが、当時大した記録も持っておらず、選出されるとは思ってませんでした。
大学受験前でしたので出場しようか迷いましたが、親に相談したところ「こんな機会は誰にでも来るもんじゃない。大学は浪人してもいいから出場しとけ」と言ってもらえて出場できました

まっつん:(ご両親の理解がとっても素晴らしい
予選を勝ち残った限られた選手のみが出場できるから、一生に残る本当に貴重な経験ですよね。)


まっつん:全国大会はどこで?

森山さん:徳島県鳴門です。93年の国民体育大会は徳島・香川の共同開催でした。


まっつん:全国大会の迎える側の街の人の印象はありますか?

森山さん:インターハイとは違うのでしょうが、国民体育大会ですから国民の祭りです。
歓迎ムード一色でした。宿舎のすぐ近くの道路で街の方々が阿波踊りを披露してくださいました。

まっつん:(阿波踊り!?佐賀は何をするの?佐賀で有名なもの・・・泥スキーとかしか思い浮かばないんだけど

森山さん:また土地柄もあるんでしょうが、四国の人はとにかく親切だな、と強く印象に残りました。

まっつん:(佐賀も頑張らなければ!「佐賀の人は親切だな」って言われたい!!
まっつんの職場の先輩は、近県から高校の部活の試合で佐賀に訪れた時に、「自然が豊かで良いとこだ」って事で、佐賀に移り住んだらしい
全国大会の選手や応援の方にも佐賀の良さを知ってもらわなければ


まっつん:各都道府県に仲間が出来たりしましたか?

森山さん:仲間というほどではないですが、大会で2度3度顔を合わせると会話は交わすようになりました。
高校2年時の北九州大会、全九州高校新人戦(沖縄)、九州選手権、高校3年時の北九州大会、九州選手権、国民体育大会、久留米で開催される「納戸記念陸上」でも顔見知りができ、上のレベルの大会に出場するのが楽しみでした。
県内の大会では会えない選手ばかりですので。

まっつん:(多くの選手との繋がりを持つ事で、目標&励みに繋がるんじゃないかな。
佐賀は狭くて小さな街で、観光や遊ぶ場所も限られているけど、その分多くの選手同士が出会えたらいいですね。


さてさて次回は、『陸上のおもしろさ』についてをテーマに。
森山さんが経験したおもしろ話も聞かせていただきましたので、お楽しみに
陸上担当まっつんです
今回は、高校生時代に男子800mで新人戦の大会記録を樹立した森山明洋さんにメールでインタビューしました
メールでのやりとりのため、まっつんのコメント→()書きでお楽しみください

まっつん : 陸上競技ではどの選手ですか?

森山さん : メインは800mでしたが、4×400Mリレー(「マイル」と言われます)から駅伝の1区(最長区間10キロ)までこなしていました。
高校時代、トラックレースは400M、800M、1500M、5000Mに、ロードレースは5km、10kmに出場していました。

まっつん : (複数の種目に出場するのって、それぞれのスピード調整とかもちがうだろうし、こんがらがりそう


まっつん : 高校当時の練習量はいかほど?

森山さん: 練習時間はウォーミングアップからクールダウンまで含めてせいぜい2時間。

まっつん : 練習メニューは?

森山さん : メニューはチーム全体の分を自分で組んでいました。
とにかく「やり過ぎで怪我しない」ことを主眼としてましたので、普通の他校陸上部よりはだいぶ少なかったと思います。
1番きつい練習で「1000M×3」。こんなのは正直中学生でも楽々こなします(笑)。

まっつん : (練習すればいいってものじゃないのよね。怪我をしたら元も子もないし、好きなことでも無理して苦になったら嫌だしね


まっつん : 陸上で気をつけていることは?

森山さん : 怪我をせず練習を継続すること。
とは言え負けた試合で悔しがらずに済むくらいの練習はこなすこと
(2位になった試合でも「頑張ったから2位になれた」と考えられるように。
間違っても「もう少し頑張ってれば1位だったのに」などと考えないで済むようには頑張ろう、と思ってました。
おかげで3年生時の県大会は優勝できました。

まっつん : (かっこいい~

いやはや、実は森山さんにお会いしたことは無いのですが、考え方とか、陸上に取り組む姿勢とか、かっこいいなぁ

インタビューには、まだまだ続きがあります。
次回は『全国大会について』をテーマにお聞きしておりますので、お楽しみに
佐賀県予選終わりましたね(結果は後日、調査&報告します)
出場された選手の皆さん、お疲れ様でした
いろんなドラマがあったのだろうなぁっと勝手に想像いたします
(応援に行きたかったけど・・・諸事情で行けませんでした
全国総体に出場される佐賀県代表選手の皆さん、頑張ってください


さてさて、まっつんのお仕事、陸上
陸上って一言で言っても、いろんな競技があるようで、とりあえずまとめて見ました↓

陸上競技の種目を大きく分けると、トラック種目とフィールド種目、さらに、トラック種目とフィールド種目を行う混成種目があるそうです。

【男子】
<トラック種目>
・100m ・200m ・400m ・800m ・1500m ・5000m ・110mハードル ・400mハードル ・3000m障害 ・100mラ4 リレー ・400mラ4 リレー ・5000m競歩
<フィールド種目>
・走り高跳び ・棒高跳び ・走り幅跳び ・三段跳び ・砲丸投げ(6.000kg) ・ハンマー投げ(6.000kg) 円盤投げ(1.500kg) ・やり投げ(0.800kg)
<混成種目>
・八種競技 (100m、400m、1500m、 110mH、走幅跳び、走り高跳び、砲丸投げ、やり投げ)

【女子】
<トラック種目>
・100m ・200m ・400m ・800m ・1500m ・3000m ・100mハードル ・400mハードル ・100mラ4 リレー ・400mラ4 リレー ・3000m競歩
<フィールド種目>
・走り高跳び ・走り幅跳び ・砲丸投げ(4.000kg) ・円盤投げ(1.000kg) ・やり投げ(0.600kg)
<混成種目>
・七種競技 (200m、800m、100mハードル、走り幅跳び、走り高跳び、砲丸投げ、やり投げ)


多い  多すぎる・・・・
ぼちぼちルールなんかを取り入れていきたいけど
剣道担当のさがっちさんの作戦いいなぁ。マンガからなら気軽に入っていけそう
陸上のマンガってないかな?出来たら恋愛ものor涙ものを希望します
どなたか情報くださ~い
陸上担当まっつんです
実は陸上の良さが全く分からん人であります。
オリンピックとか世界陸上とか箱根駅伝は見て応援するけど・・・ね
(陸上ファンの方々ごめんなさい
青春ものに弱いので、甲子園や箱根駅伝(甲子園でいうと「熱血甲○園」や箱根駅伝でいうと徳光さんの「THE!サ○デー」など)
を見ては、もらい泣きをしてしまいます

各担当の記事のハイテンションにテレ屋なまっつんは気後れしちゃう・・・
けど!!普通過ぎてつまらん?そんなこと気にしな~い
マイペースに行きますので、読み飛ばしちゃってください。

今年は陸上の年?世界陸上が大阪であるんだって
陸上界はどこもその話題で持ち切りのご様子。
そんなんなら、特に陸上頑張らなきゃ!
世界陸上の前に高校総体で陸上気分を盛り上げていかなきゃ!なんですね

高校の陸上で思い出すのが、まっつんが女子高生な頃
陸上部の友達が、他校である佐賀K高の陸上部員に憧れてたなぁ
写真隠し撮りしたり。後ろ通りかかるのと無理やりツーショットとか。結構盛り上がっておりました♪
でもね、駅で偶然見かけた時はあまりパッとしなくて・・・
やっぱりフィールドで輝くあなたが素敵って事だったのかしら?
あれも失恋の一種だったのかなぁ?
ちなみにまっつんの憧れは、元野球部の引退して髪を伸ばした先輩にでした(*^-^*)
(ありがち?こんな話題必要ない?ごめんなさいm(_ _*)m)

結局陸上競技に関係あったのかなかったのか。
こんなダラダラですが、参加することに意義がある!
初めの一歩を踏み出したので、どんどん更新していきますね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。