2007佐賀総体を盛り上げるべく、おもむろに集まったナゾの集団「総体裏調査団」略して「うらっちょ」。 彼らの使命は競技のルールや見どころをたっぷり伝えること。 ていうか、あんたたち総体のなんなのさ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さすがに新体操全国大会
どこも本当に甲乙つけ難い演技で感動
男子は女子に比べ、チーム数が少ないので、女子2チームに男子1チームの割合で交互に演技してました。
だもんで、トイレに行く暇が無い
だってどこも見逃したくないんだも~ん
おまけにトイレなんかに行った日にゃ~もう二度と場所確保は無理ですぜってことで、極力、水分も取らずに観戦(あまりの人ごみでクーラーも利かず干からびそう

九州大会からほぼ1ヶ月。こんなに詰めてくるものなのか

男女共に素人目で見てもわかるくらいに、ぐんとレベルUP
すさまじい練習してきたんだろうなぁ~・・・
女子なんかあの細い体でどうなっとんじゃ
佐賀女子の子は15人が寮生らしいです。毎日、9時くらいまで練習して、体調・体型管理の為に

自分達で食事を作るそうです。

欠かせないメニューはサラダ

みんなに一番人気は、なんと手作りがんもどき

いったい今時どれだけの人ががんもどきなんか作れるんだ

ちなみに気になる体脂肪は・・・14~16%ぐらいだそうです。

優雅さも求められる競技ですから、あまりにも低いとね・・・ということでした。でも、普通の女の人は23%くらいが理想といわれているので、みなさん、自分と比較してみましょうまあ、落ち込まない程度で・・・

それに改めてよーく見ると女子はみんな色が白い
ここまで白いってことは・・・あねごみたいに「まぁ、このくらい」って油断してウロウロ外に出たり入ったりなーんてこともせず、きっちり日焼け対策してるんだよね。

手具を両手同じように使う為に生活全般(食事とか歯みがきとか)利き手と反対の手で訓練したり、体型も保つように食事も自己制限したり、練習じゃない時でも365日、24時間、生活全部が新体操メインなんですね

今回、新体操を見ていて「この競技は他の競技よりかなり過酷なんじゃないか」ってあねごは思いました。
こんなに生活すらもストイックにしている彼女達
なのに、演技中に小さなミス1つでもおかしたらそれが命とり他の点数競技みたいに挽回できないんです

本当にどのチームを見ても涙がでそうでした
魅せてくれた女子
目からうろこの男子  すごく楽しむことができ大ファン
総体ボランティアやって良かったな~
こんなに素晴らしく感動できるものをありがとう

PS.男子のユニフォームはみーんな下が黒だったんだけど、決まりなのかなぁ紫とか赤とかカラフルにしたら駄目


スポンサーサイト
おめでとう  団体優勝  神埼清明高校and佐賀女子高校

九州大会に引き続き、新体操団体を見に行ってきました

几帳面な?あねごは始まる5分前に着けば楽勝でしょってな感じで駐車場に着き、市内の保育園や幼稚園、小中学校が製作した歓迎ののぼりを優雅に(本当は汗だく)見ながら(どこも力作で歓迎ムード満天)会場に行きました。

行ってびっくり

あまりの観客の多さに、あら~

なんと新体操は入場制限がでる程の多さ
あちゃー5分前に着けば余裕で見れると思っていたのに座るどころか、立ち見の場所も無い
どうにかこうにか場所を確保して見ていたら、「そこは車椅子の場所です」と言われ、結局、階段に小さくなりながら座って見たのでした。
恐るべし総体・・・侮るなかれ
あれだけ人が多いと通路だって、なかなか確保できず、ずっと「ここは通路です。通して下さい」と声を枯らし、憎まれ役になりながら整理をしていた警備の方達は本当に大変そうでした。お疲れ様でした
総体っていろんな人達が支えているんだ・・・と実感した1コマでした
内容は次回って言いながら、ちょっと間があいてしまいました

女子の新体操はオリンピック競技でもあるし、手具を使って美しく優雅にでもハードに演技しているのをとかで見たことあると思うんだけど・・・

驚きは男子ですよみなさん

前回も書いたけど、本当に体操って概念が変わります

まず最初の段階でぶっとびますよ~

放送で学校名が呼ばれてフロアーの所に整列するでしょ。そしたらすかさず

「○○こうこ~ぅ・・○×○×・・・・」
(何と言っているのかよく聞き取れなかった

ギャラリーから野太い声で応援コールがあるんです。

その後も決めっのポーズ大技が決まった時には必ず

「うぃ~すっ」
「おっしゃぁ~」みたいな掛け声があるし

演技と一緒になって、それだけでもかなりの驚きと面白さ

おまけに佐賀県代表の神埼清明高校がまたいい

みなさん見たことあります

すごいレベルの高さですよ~
だから見ているこっちも熱がはいるし是非、会場に足を運んで実際見てほしいです
絶対、損は無ーし

チームの中で一番小さい2年生の選手が人間ブランコみたいにブンブン振り回されたり、バランスがキッチリ、ピッタリ決まったり・・
あ~言い表せない~

1位になった宮崎県の小林工業高校も大技が盛りだくさんで見ごたえありそれに選手みんな筋肉がすごくて身体つきも1番だったような・・・

3位になった熊本の高校がまたおすすめ
なんと曲がちびまるこちゃん
曲に合わせてコミカルな動きや決めポーズが笑えます
笑いがとれるくらいの動きができるなんて、ものすごく個々のレベルが高いんだろうな~っと真面目に感心したあねごでした。

手下なんて眠気も吹っ飛び「絶対、総体見に行くぞっ」って熱く決心していたもんね~
してやったり・・・
最近、色んなスポーツの九州大会やってますよね

それで、あねごも行ってきました。九州大会
って書くとかなり用意周到、予定どうりって感じだけど・・・実はこれが行き当たりばったりだったんです


佐賀県代表のS女子高にアポイント無しで聞きに行ったわけです。


そしたら「九州大会に行ってます」と言われ・・・


またもや無理やり連れて行かれた手下も「だからちゃんとアポイント取らないと・・・」と生意気にもブチブチ

「じゃあ、九州大会見に行けばいいじゃんいっぺんに色んなとこのが見れておっ得~」とポジティブにとらえたのでした

会場に着くとまあ・・いるわいるわ・・男子・女子高校生そして中学生。


とりあえず席を確保して、見てみると競技が始まる前の準備があってました。

10人くらいの生徒がフロア-の上を這いつくばってる
なんだどーも小さなゴミとかを丁寧に取っているよう・・・
その後、プラスチックの直径10~15㎝くらい、長さ2~3mくらいの棒を2~3人で持って四方八方、雑巾がけのようにして少しのだぶつきも無いように慣らしていってたへぇ~


もうすぐ始まるって頃になると、窓全部のカーテンをきっちり閉めてる


通りすがりの生徒をつかまえて聞くと「眩しかったりして手具を見失わないように」(オズオズ・・)またもや、へぇ~

もうちょっと何か聞こうと思ったら逃げるように立ち去られていた


なぜにっこり微笑んで聞いたのに・・・


会場には2つのフロア-があって、男子と女子交互に演技してました。


同時にすると曲がどっちのか分からなくなるからかなぁ・・・


不思議だったのは男子と女子で審判の数が違うこと


女子は12人なのに男子は10人と少なかった。なぜ

さあいよいよ・・・女子はもちろんだけど、なんと目からうろこの男子新体操体操の概念を根底からくつがえす面白さ

絶対、損はさせない自信を持ってお勧め



ってことで内容は次回へつづく・・・

2回目がかなり遅くなってしまったけど、なぜかというと・・・なんと私ことあねごはぎっくり腰になってしまったのです。
何故こんなことになったかというと、ただ掃除機をかけてただけなんですね~それもはフローリングだから、まったく力を入れずに済むんですけど、日ごろウォーキング等をして健康と美を追求しているあねごですらこんなことになるんですから、みんな、明日は我が身ですよ~

ちょっとうっかりしてる間にブログ増えたね~
あねごなんて実はブログとかもほとんど見たことないっーか、にはネットもつなげてない、ふっるーーーいもらい物のパソコンがあるだけで・・・
それでも私の生活には支障は無いもんねって息巻いていたのに、こんなことになってしまって他のコーナーが更新される度に眠れず、うなされているのさっ!(実は神経質で気が弱い・・自称)
そんな、昔、男子の憧れみなみちゃんのあねごが鼻の下に汗をかきかき、腰をさすりさすり・・・
現役みなみちゃん軍団の新体操日記いくぞ

今回は新体操の手具について
そもそも手具とは  演技に使うリボンとかボールとかのことなんですね・・・
それぞれ大きさや重さ等に規定があって

ロープ : (素材)  麻またはそれに類似した材質
            大きさ・重さ・長さ 規定なし


フープ : (素材)  木またはプラスチック
            大きさ:内径800~900㎜
            重さ :300g以上

ボール : (素材) ゴムまたは柔らかいプラスチック
            大きさ:180~200㎜
            重さ :400g以上

クラブ : (素材) 木またはプラスチック
            大きさ:400~500㎜
            重さ :150g以上

リボン  : リボンの部分(素材):サテンに類似した材質
            長さ:7mの布をスティックの取り付け側で 1m折り返す<出来上がり最低6m>
            スティックの部分(素材):木、竹、グラスファイバー・プラスチック
            長さ:500~600㎜
            太さ:10㎜(最大)
            取付部(素材):ひも、ナイロン糸またはそれに類似するもの
            あるいはリング、スイベル
            長さ:70㎜以内

いや~意外に細かく規定があるんですね~
でも、リボンの取付部のスイベルってなんじゃ
知っている方、御一報を
ちなみに演技しているフロアーはフラットで13m×13mの大きさです。
その中をすみずみまで曲に合わせて踊るっていうのは想像以上のハードささで、見た目とは全然違う、過酷な世界なんです・・・
おまけに「きついぞあたい」とか「もうダメ~」って顔も出来ないわけで・・・
あっ!曲にも規定があるんですよ!!
個人で1分15秒~1分30秒まで
団体で2分15秒~2分30秒まで

ム・ム・ム・・・そろそろ座っているのも腰に辛くなってきたので、また次回ということに・・・
新体操といえば山崎浩子でしょう!ぐらいの知識だけを持ち合わせた、私、あねごとその手下で無謀にも突撃取材に行ってきました。

シャイな手下は女子高校生というだけでかなり照れた様子・・・
なぜかチマチマした歩調になってあねごに遅れぎみ。「早く!」と急かされながら体育館へ。

入り口で練習している生徒さんと目が合ったとたん、ダーっと本当にダーっと全員走ってきて並び「こんにちわー!!」

さわやかな上に全員レオタードだ!!

この時、手下は確実に2歩は後ずさりしていた。
上ずった声で挨拶し、中へ入りとりあえず練習を見せてもらうことに。

んーーー!何と表現すればいいんだろう・・・
あねごのボキャブラリーの少なさがうらめしい。とにかくTVで見るのとはまるっきり違う!!!
圧倒と感動と不思議さと・・・
これはみんな!実際見るしかない!!
監督の先生から声をかけられるまで、まぢで口を開けて目を見開いて見ていた2人でした。

小柄な先生なのに存在感のあることあること
思わず頭の中は真っ白、最近、復活した宮川大助ばりに「あわわわわ・・」となってしまったのでした。何とか持ち直し、第1回目の取材ということでまずは真面目な質問から。

出場できるのは団体で各校1チーム
個人は3名まで  ちなみにインターハイは2名
中学までは全校部活があるが、最近、残念なことに指導者不足などによりだんだん少なくなっているそうで、県大会は6チームで競うらしい

当然のことながらみんなスレンダーで本当にこの中に同じ分だけ内臓が詰まっているのか?と疑いたくなる感じ。
あねご : 「みんな細いですね~」ため息まじり・・・
先生 : 「そんなことないですよ」
あねご : 「えっ!?」きっきびしー!!
先生いわく、同じように踊れるのなら身長155~156㎝体重40kg前半がBestということでした。
この学校の生徒さんは一番背の高い方が171㎝

小さい人はなんと149㎝33kgだそうです。

絶対横には並ぶまいと決心しながら2回目へつづく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。