2007佐賀総体を盛り上げるべく、おもむろに集まったナゾの集団「総体裏調査団」略して「うらっちょ」。 彼らの使命は競技のルールや見どころをたっぷり伝えること。 ていうか、あんたたち総体のなんなのさ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あたしの名前は、目井田ラブ子。

変な名前?ま、よく言われるけど。
でもあたしは気に入ってる。あたし、人と同じだったり、ありきたりなことが、大嫌いなんだけど、同じ名前の人には会ったことないし、それに、自慢じゃないけど、佐賀栄高一イケてるあたしに、「ラブ」子ってお似合いだと思わない?

才能は生まれつきのものだから、他人に気を使う必要ないって思う人もいるだろうけど、あたしとしては、神様からの恵みを、他人の分までいただいちゃってるんだから、たまにはいいこともするようにしてる。

たとえば、そーだね、あたしの友達の佳乃。ちょー単純で、ちょーぎこちないんだけどぉ、いいやつじゃん?って知らないか。

その佳乃ちゃんなんだけどぉ、今日急に
「昨日自転車が壊れたんだけど、直してくれた登山部のイケメンがラブ子のこと「紹介してくれ」って言ったの。でも、あたしが彼に惚れちゃったのよね。だから、ラブ子、悪いけど彼のこと譲ってくれない?」
  [注①:大部分がラブ子の勝手な思い込みです cf. 第1話「出会い」]

とか言うのよ。
で、このあたしは、イケメンならいくらで寄ってくるから、譲ってやってもいいって言ったら、佳乃がまた
「でもね、一人で会いに行くのが恥ずかしいの~」
とか言うから、仕方なく放課後、一緒に会いに行ってきたの。

そいつが落としたんだろうって思われる物を持って、彼の教室に行ってみたんだけど見あたらなくって、そのクラスの子に聞いたら
「多分マキオのだと思う。登山部の部室に行けば会えるよ」
って。

ちょっと!登山部~?そういう部があるってのは聞いたことあるけどー、どんな活動してんのか謎だよね。そいつ、ホントにイケメンだったのか?と疑惑がわいてきた。

でも佳乃がしつこいから行ってみたの。
部室を覗いてみたんだけど・・・皆すごい体してんんじゃん、ムキムキ~!
んで、壁に貼ってあった練習のメニューに目をやると、ジョギングに筋トレに階段のぼりに・・・ひぇ~、頭クラクラしてきた。

「こら!ラブ子!おまえ、またスカートそんなに短くして!!この前主任の先生んとこ呼ばれたばっかりだろ。」
と後ろから声が聞こえてきた。
振り向いてみると、最悪~!世界史ののんちゃん先生だ!

つづく
スポンサーサイト
heart03前回ルールも知らずにシングレットとハンカチの話題で盛り上がったレスリング部のふたりでした。


じゅんじゅん(以下JJ):他の競技の記事も載ってきたね。

りょーちん(以下RYO):登山はなんかすごいね。

JJ:なんだろね。アレは。スポーツラブストーリー

RYO:略してスポラブ

JJ:スポラブ・・・ハート。なつかしのスポロン思い出した。そして飲みたくなってきた。そうそう、今度あねごに新体操見につれてってもらうんよ。

RYO:へぇ~(こいつ・・・レスリングの取材もまだなのに・・・プルプル)。

JJ:レスリングも取材行って、早くハンカチ王子たち見たいな~。

RYO:ハンカチ王子って。。。斎○君みたいに試合中にハンカチで汗拭いたりはしないんよ。拭いたりするために使うって書いてあるしさ。

JJ:ちぇ~。でもみんながあのユニフォームの中にハンカチ入れてんよ。なんかかわいくない?

RYO:あ~わかる。すみっこに彼女からのメッセージとか入ってたりして。

R・J:ギャー!!(勝手に大興奮)

JJ:「目指せかっちゃん甲子園!!」とかね。

RYO:それ南ちゃん(「タッチ」)じゃん。甲子園て。目指す場所違うし。

JJ:じゃあ「目指せかっちゃんハートフル!!」(注:

「ハートフル」は佐賀市諸富町にある

高校総体レスリングの会場です)


RYO:合ってはいるけども、たぶん書いてないよ、それ。ところでそろそろルールの勉強しようね。

JJ:私もちょっと勉強してきたよ。1秒間相手の両肩をマット

につけた(フォールといいます)ら勝ち
なんでしょ?ルールは簡単だけど、やると難しそうだよー。

RYO:だねー。昔は時間制限無しだったから11時間以上闘った記録もあるらしいよ。

JJ:11時間!?おぇー。吐きそうアップロードファイル

RYO:そう。で、判定制度が導入されて制限時間内にフォールできなかった場合には獲得したポイント数で勝敗が決まるんだって。

JJ:柔道みたいだね。

RYO:ちなみに、レスリングは3ピリオド(1ピリオドは2分間)でピリオド間に30秒のインターバルがあって、各ピリオドごとに勝者が決定されて、2つのピリオドを買った選手が勝者となります。言い忘れてたので。

(ここで勉強・基本のポイント)
1点=相手の背後に回り両手両膝のうち3箇所をマットにつけて相手の動きを制したとき
2点=相手の両肩をマットに90度以上傾けたとき
3点=相手を投げたとき。スタンドの状態からタックルなどで一気に相手の両肩をマットに90度以上傾けたとき
5点=マットにうつ伏せになっている相手を持ち上げ、大きく投げたとき。低く投げた場合は3点。豪快なタックルを決めたとき

※6点差がついた時や、3点技を2度獲得したときはその段階でピリオドの勝者がきまる。
※同点でピリオドを終了した場合、ビッグポイントの多い方が勝者。それが同じだった場合は警告の数が少ない方が勝者。それも同じならラストポイントが多い方が勝者。

JJ:「※」のところがすごいね。「それが同じ場合は」「それも同じなら」って書いてある。よっぽど勝敗がつきにくいのかな~。

RYO:あー、なんとなくそれはありそう。

JJ:2点と3点の「相手の両肩をマットに90度以上傾けたとき」っていうのがよくわかんないんだけど・・・。こうってこと?(やってみる)

RYO:こうじゃない?(同じくやってみる。間違った情報をだすといけないので写真はお出しできません。音声のみでお楽しみ下さい。)

JJ:・・・うー、誰かやったことある人いないかなー。

RYO:フフフキラ。それがさ、いたんよ。わたしたちに強力な助っ人(?)が!

JJ:誰、誰?? っていうかそんな人いたなら最初から早く言ってよ!

(つづく)

新体操といえば山崎浩子でしょう!ぐらいの知識だけを持ち合わせた、私、あねごとその手下で無謀にも突撃取材に行ってきました。

シャイな手下は女子高校生というだけでかなり照れた様子・・・
なぜかチマチマした歩調になってあねごに遅れぎみ。「早く!」と急かされながら体育館へ。

入り口で練習している生徒さんと目が合ったとたん、ダーっと本当にダーっと全員走ってきて並び「こんにちわー!!」

さわやかな上に全員レオタードだ!!

この時、手下は確実に2歩は後ずさりしていた。
上ずった声で挨拶し、中へ入りとりあえず練習を見せてもらうことに。

んーーー!何と表現すればいいんだろう・・・
あねごのボキャブラリーの少なさがうらめしい。とにかくTVで見るのとはまるっきり違う!!!
圧倒と感動と不思議さと・・・
これはみんな!実際見るしかない!!
監督の先生から声をかけられるまで、まぢで口を開けて目を見開いて見ていた2人でした。

小柄な先生なのに存在感のあることあること
思わず頭の中は真っ白、最近、復活した宮川大助ばりに「あわわわわ・・」となってしまったのでした。何とか持ち直し、第1回目の取材ということでまずは真面目な質問から。

出場できるのは団体で各校1チーム
個人は3名まで  ちなみにインターハイは2名
中学までは全校部活があるが、最近、残念なことに指導者不足などによりだんだん少なくなっているそうで、県大会は6チームで競うらしい

当然のことながらみんなスレンダーで本当にこの中に同じ分だけ内臓が詰まっているのか?と疑いたくなる感じ。
あねご : 「みんな細いですね~」ため息まじり・・・
先生 : 「そんなことないですよ」
あねご : 「えっ!?」きっきびしー!!
先生いわく、同じように踊れるのなら身長155~156㎝体重40kg前半がBestということでした。
この学校の生徒さんは一番背の高い方が171㎝

小さい人はなんと149㎝33kgだそうです。

絶対横には並ぶまいと決心しながら2回目へつづく。
マキオ


俺は、佐賀栄高校3年のマキオ。登山部のキャプテンだ。
高校の部活動としては、メジャーじゃないけれど、登山が大好きだ。

20㎏もの荷物を背負い、時には数日かけて山を登る。果てしなく続く坂道をただひたすら登る。周りの景色を楽しむ余裕なんてないくらい疲労しても、山頂につけば、それまでの疲労を忘れさせてくれる絶景と出会える。

山を制した時の達成感・充実感は、他の競技で味わうことはできない。いつの間にか登山の魅力にどっぷりはまってしまっている。

周りのみんなは、愛だの恋だのに浮かれているが、俺はそんなの興味ない。山に登っている時が一番好きだ。強がりじゃないぜ。

今年の夏高校生活最後の夏佐賀で全国高校総体が開催される。願ってもない地元開催。

もうこれは、やるっきゃない。毎日毎日、猛特訓の日々が続く。

それにしても、今日の練習はきつかった~。
顧問ののんちゃんがつくる練習メニューは超ハード。
もう全身クタクタ・・・。のんちゃんは本当に鬼だ。

早く家に帰って晩飯食いたいけど、学校から家までも遠いんだよな~ 、自転車で40分。
佐賀の高校生は、基本的にどこに行くにもチャリ移動。平野だから苦にはならないけど、さすがに練習でつかれた体にはこたえる。

ってなことを考えていると、前に立ち止まっている人を発見。うちの学校の制服だ。どうしたんだろう。

佳乃 「あ~もう最悪。どうしよう…。」
マキオ 「どうしたんだ~。あー、チェーンが外れてるじゃん。直してやるからちょっと見せてみろよ。」
   ガチャガチャ
マキオ 「「ふ~、これでよし!メンテナンスちゃんとやらなきゃだめじゃないか。」
佳乃「あの…。ありがとう。(確か隣のクラスの人だ。)」
マキオ「「じゃあね!」

立ち去るマキオ

佳乃 「あっ…。行っちゃった。お礼言えなかったな~。
   あれ、何か落ちている、さっきの人が落としたのかな」


~ 翌日 ~

ラブ子 「佳乃、それ何持ってんの?」

佳乃 「あのね、昨日の帰りに自転車のチェーンが外れて困ってるときに隣のクラスの人に助けてもらったんだけどさ、その時その人がこれを落として行ったんだ。」

方位磁針



ラブ子 「それ、一体なんなの?方位磁針みたいだけど、見たことない形してるね。何に使うんだろうねー。隣のクラスの誰?カッコいいの?」
 
佳乃  「名前は分かんない。それでね、いきなりでビックリしちゃって、ちゃんとお礼言えなかったの。」

ラブ子 「へぇ~。じゃそれ返すついでにお礼言ったらいいんじゃない?」

佳乃 「そうなんだけど…。恥ずかしいよぉ。」
ラブ子「 もう!佳乃はいつもそうなんだから!一緒に行ってあげるから行くよ!(どんな男か見たいし)」

佳乃 「う、うん。」

                        つづく・・・


どもども。レスリング部です。レスリングはりょーちん(以下RYO)とじゅんじゅん(以下JJ)のレスリング知識ゼロの二人が四苦八苦しながらお伝えしていきますね。

JJ :とりあえず、私たちレスリング担当になったんだけども。

RYO:私全然試合見たことないよ。

JJ :私も。あー、でも浜口京子がオリンピック出たときは見たかな

ルールもさっぱりわかんなかったけど


RYO:ルールわかったら面白いのかな~。

JJ:たぶん・・・そう思ってやらないとやってらんないよ。

RYO:だね。とりあえずネットで調べよ。

JJ:あ、じゃあさー

レスリングってなんであんなユニフォーム
なん?

わたしの思うレスリング
↑↑「あんなユニフォーム」

RYO:(検索中)・・・えっとねー、あれはユニフォームっていわないで

「シングレット」っていうらしいよ。

JJ:ほー。で、なんであの形なの?

RYO:(検索中)・・・んー。よくわかんない。でも昔と違って胸とかは隠すデザインに変わったらしいよ。宗教的な理由もあるみたい。

DSC00260.jpg
今はこんなのです

JJ:そっかー、でも変わってよかったよ。あの形は初心者はなかなかとっつきにくいと思うもん。

RYO:あと面白いのが、レスリングは試合のときに白いハンカチ持ってないといけないんだって。ルールに書いてあったよ。

JJ:なんで?

RYO:レスリングは世界最古のスポーツ紳士の競技でもあるので白いハンカチを携行し、試合中出血したときに備えておく・・・だって。

JJ:なんかかわいい!みんなハンカチ王子なんだね!

RYO:ハンカチはユニフォームの中に入れとくんだって。

JJ:じゃあやっぱりユニフォームの面積が広くなってよかったね。前の形だと入れる場所に困るじゃん。

RYO:やたらと前のシングレットにこだわるね・・・。
お待たせしました!


各担当競技も決まりましたので、来週から本格的にこのブログを始動させます。
ちなみにさがっちの担当は「剣道」です。


ルールなどの競技の紹介はもちろん、実際の練習風景を取材に行ったり、総体経験者のインタビューなど、いろんな企画を考えてこのブログを盛り上げていきたいと思いますので、皆様の御協力をよろしくお願いします。

気軽にコメントくださいね♪
担当者一同みなさまの書き込みを心よりお待ちしております。



ではまた来週~~(^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。