2007佐賀総体を盛り上げるべく、おもむろに集まったナゾの集団「総体裏調査団」略して「うらっちょ」。 彼らの使命は競技のルールや見どころをたっぷり伝えること。 ていうか、あんたたち総体のなんなのさ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いついつ


さて、水球のルールその②です。



今回は、実際の選手のお仕事に迫っていきます。


水球は1チーム7人
両チーム合わせると14人でプレイします。

チーム編成


基本的には、バスケと同じく全員攻撃・全員守備。

しかし、とってもとっても大事な役目がひとつ。


それはゴールキーパー!!!!!


言わずと知れた、チームの守護神ですね。
チームの中で、いちばん才能のある選手がすることが多いそうです(小声)

確かに、ガンガン点を入れても、それを上回るくらい
点数を入れられてしまったら意味ねぇもんな。


それ以外の6人は、フィールドプレイヤーと呼ばれます。
この、フィールドプレイヤーにも、種類がいくつかあり、

フローター(1名)
相手のゴール前に陣取って、得点を奪いにいく役目
(バスケでいうフォワードみたいなもんか)

フローターバック(1名)
フローターの攻撃を専属で守る役目

ドライバー(4名)
泳いでフェイントなどを使って、マークをはずしてパスを受け、得点を狙う役目


の、3つに分けられるそうです。
※人数配分は主なパターンで、この限りではありません


この6人が、泳いで泳いで泳ぎまくって、試合を運んでいく訳なんですねぇ。



次回、水球のルール★その3に続きます。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
植物のもつ香りを利用して心や体を健康にする自然療法で、狭義には植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使用する健康法をいう http://cream.victoriaclippermagazine.com/
2008/10/20(月) 14:16 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soutaisagacity2007.blog101.fc2.com/tb.php/43-b7b20785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。