2007佐賀総体を盛り上げるべく、おもむろに集まったナゾの集団「総体裏調査団」略して「うらっちょ」。 彼らの使命は競技のルールや見どころをたっぷり伝えること。 ていうか、あんたたち総体のなんなのさ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おひさしぶりの陸上担当まっつんです。
いよいよ総体が始まりましたね
暑い日が続く中ですが、選手を初め、応援や運営をされてる皆さん、熱中症には十分注意してください

まっつんの身近な方が、陸上の審判として総体に参加されることになりました。
審判として担当されるお仕事は、「風速測定」
そこで今回は陸上と風について。

走っていて追い風が背中を押してくれたら、いつもより早く走れますよね
逆に向かい風となると前に進めない・・・
でも風が追い風であろうが向かい風であろうが、大会では早くゴールした方が勝ち
まさに勝負は時の運も力になるようです

ではなぜ風速測定が必要なのか
それは、風速2m以上なら追い風参考記録となります
つまり、日本記録や世界記録を出しても、記録として残らないのです。

と言っても、大会となれば、記録より記憶
日本記録等には残らなくても、目指すは入賞

そのため、風に対する対策もするとか。
障害物なんかは、ハードル間の歩幅&歩数が変わってくるから、それでリズムを崩しやすいから練習したり。
走り幅跳びや三段跳びは、走り出すまでに1分間の猶予があるから、自分で風を見きってスタートするそうです。

今回の佐賀総体。会場の『佐賀県総合陸上競技場』はドーム型でもなく、観客席も低いので、風の通りが良すぎます。
しかも陸上競技日程中に台風が上陸する可能性があり・・・
せめて台風が離れて行ってくれる事を祈りましょう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soutaisagacity2007.blog101.fc2.com/tb.php/54-eee44861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。