2007佐賀総体を盛り上げるべく、おもむろに集まったナゾの集団「総体裏調査団」略して「うらっちょ」。 彼らの使命は競技のルールや見どころをたっぷり伝えること。 ていうか、あんたたち総体のなんなのさ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラブ子はうちの高校の問題児の一人だ。スカートの丈とか、髪型とか、靴とか、とにかくなんやかんやで生徒指導室の常連だ。

自己中心的なことばっかり言ってるわりに、友達は多そうだし、恥ずかしがりやで真面目な佳乃とすごく仲がいいことが、職員室の七不思議のひとつになってる。

それはそれとして、やっぱりそのスカート丈はアウトだぞ。
注意しとくか。

ラブ子 「あっ、のんちゃん。まー、まー、そんなに怒らなくてもいーじゃん」

のんちゃん 「まーまー、じゃないぞ!おまえ、この前「すごーく反省してます・・・」って主任の先生の前で涙を浮かべてたじゃないか。あれはウソ泣きだったのか」

ラブ子 「へへへ。だって30分以上お説教が続くんだもん。」

のんちゃん 「とにかく、もうすぐ全国高校総体のために、全国の高校の先生や保護者、生徒たちが佐賀にくるんだからな。「まったく、佐賀の高校生は・・・」って言われないように先生たちも神経使ってるんだから、それを忘れるなよ」

ラブ子  「はい、はい」

これ以上言っても無駄そうだな・・・フゥー、主任の先生の苦労がわかるぜ。

のんちゃん 「ところで、お前たち二人ここで何してるんだ?」

ラブ子 「先生こそ、ジャージ着てストップウォッチ持って何してんの?」

のんちゃん  「おれは登山部の監督だ。県大会近いからな、毎日ハードな練習してんだよ」

ラブ子 「でも、登山の県大会ってなんかイメージ湧かないけど、どうやって勝負すんの?」


やっぱりな。登山部のみんな、いつも練習がんばってるのに、イマイチ他の生徒達に知られてないんだよな。
まあ、競技会場が山じゃ、応援にも来れないしなー。よし、総体も近いし広報活動しとくか。

のんちゃん 「むっ!いい質問だ。高校生の登山競技はなー、簡単に言えば安全に、マナーを守って、グループみんなが協力しあって山を楽しんでるかってことを審査すんだ。」

ラブ子 「でも競技なんだから勝ち負けがあるんでしょ?」

のんちゃん  「そうそう。たくさんの審査ポイントがあってな、体力だけあれば勝てるってもんじゃないんだ。例えば、筆記試験とか気象予報とかもあるんだ」

佳乃 「筆記試験どんな問題が出るんですか?」

のんちゃん 「そのときの会場となっている山周辺の生き物や植物の知識が問われるんだ。だから大会の前に勉強しておく必要がある。」
花



佳乃 「じゃあ、8月の全国高校総体が佐賀であるっていうのは・・・」

のんちゃん 「そう!佐賀県の選手にはヒジョーに有利ってことだ。いつも練習している場所のことだもんな。ところで、佳乃が持ってるの方位磁針じゃないか。どうしたんだ、それ?」

ラブ子  「これ拾ったんだって。登山部のやつが落として行ったんだって」

のんちゃん 「おっそうか。ちょっと待ってろ。  おーい。方位磁針落としたやついるか?黄色いやつ」

つづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://soutaisagacity2007.blog101.fc2.com/tb.php/9-4e20fa7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。